2010年04月27日

殺人時効を廃止 改正刑訴法と刑法成立(産経新聞)

 殺人罪などの公訴時効の廃止、延長を柱とする改正刑事訴訟法、改正刑法が27日午後、衆院本会議で採決され、与党と自民、公明両党などの賛成で可決、成立した。共産党は反対。続発する凶悪犯罪に、厳しい対処を求める世論の動向や被害者感情に配慮した。明治13(1880)年の「治罪法」制定以来続いてきた時効の一部がなくなり、刑事政策の大きな転換点となる。

 改正法成立を受け、政府は施行日を閣議決定。施行時点で時効未成立の事件にも適用されるため、東京都八王子市のスーパーで平成7年に起きた3人射殺事件なども対象となる。

 時効制度は、時間の経過による証拠散逸で裁判が不公正になるとの懸念から維持されてきた。しかし捜査技術の進歩で古い遺留物の分析精度は高まっている。

 改正法の対象は人を死なせた罪。(1)最高刑が死刑に当たる強盗殺人、殺人などは25年の時効を廃止(2)無期懲役・禁固の強姦(ごうかん)致死などは15年を30年に延長(3)有期刑上限である20年の懲役・禁固の傷害致死などは10年を20年に延長(4)自動車運転過失致死などそれ以外の有期刑は5年を10年に延長−などが主な内容。

 改正案は衆院本会議に先立ち27日昼、衆院法務委員会で採決。参院先議で4月14日に参院を通過していた。

中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
明石歩道橋事故 強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か(産経新聞)
飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
港区の不動産会社などを告発  東京国税局(産経新聞)
生活保護受給者に無料入手させた向精神薬を転売 容疑の男ら立件へ(産経新聞)
posted by おとめさん at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。