2010年02月04日

鳥取不審死 殺害当日「ぐったり」 睡眠薬?同居男証言(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、鳥取市の元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)=強盗殺人容疑で逮捕=と同居していた元会社員の男(46)=詐欺罪などで起訴=が県警の調べに、殺害された当日の電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=の様子について「ぐったりしていた」と供述していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、上田容疑者が円山さんに睡眠導入剤を飲ませてから男と合流し、事件現場の川に向かったことを裏付ける証言とみて、経緯を詳しく調べている。

 捜査関係者によると、男は事件当日の昨年10月6日、上田容疑者の子供を自分の車で学校に送った後、上田容疑者に電話で呼び出され、鳥取市内の駐車場へ移動。円山さんの車には上田容疑者が同乗しており、横には既にぐったりした円山さんがいた。男は「眠そうな様子で、自分で運転できる状態ではなかった」と説明している。

 一方、男は上田容疑者の様子について「円山さんと2人きりになった後、腕に引っかき傷ができていた」と証言。当時、雨は降っていなかったが、衣服はぬれた状態で乱れており、上田容疑者は「(円山さんと)もみ合いになったから」と理由を話したという。

 円山さんの遺体には目立った外傷がなく、死因は川の水を飲み込んだことによる窒息死だったことなどから、県警は上田容疑者が昏睡(こんすい)状態の円山さんを川岸まで連れて行き、おぼれさせた疑いが強いとみている。

                   ◇

 県警は同日、上田容疑者を鳥取地検に送検した。

 上田容疑者は昨年11月から詐欺容疑などで逮捕・勾留(こうりゅう)されているが、捜査関係者によると、きちんと食事をとり、よく睡眠もとっているという。

首相、子ども手当の11年度以降満額支給に意欲(読売新聞)
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)
<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か−強殺容疑の女・鳥取不審死(時事通信)
posted by おとめさん at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。